aloma カラダの不調

梅雨時期の不調に効果がある精油

 

雲行きが怪しいですね。

今日も夜から雨が降るようです。

今週中には梅雨入りしそうですね。

庭のアジサイは満開になりました。

梅雨はアジサイがきれいですが、色々と不調が出やすい時期です。

今日は「梅雨だるに効果のある精油」のお話です。

 

梅雨の時期の体調

梅雨時期は気圧が低く、湿度が高い状態が長期間続きますね。

雨も多く、日照時間も減少する上に、日によっては寒暖差も大きくなるため、1年で最も気象ストレスが多い時期なんだそうです。

この時期に出るのが「梅雨だる」。

湿度の高い環境では、十分に汗をかくことができず、体内に余分な水分や老廃物が溜まりやすくなり、血のめぐりが悪くなります。

梅雨だるの主な原因は、自律神経の乱れと、水分バランスの乱れです。

この2つの乱れが梅雨入りから梅雨明けまで続くので、身体のだるさや肩のこり、浮腫みなどの様々な不調が表れてくるのです。

 

梅雨だるを解消しましょう!

梅雨だるを解消するには、温めのお風呂でゆっくりしたり、運動をする事も大切です。

そして、浮腫みや自律神経を整えてくれるアロマを使ったセルフマッサージやフットバスもオススメです。

アロマバスやマッサージにおすすめの精油をご紹介します。

【サイプレス】
森林の中にいるようなひのきに似た香り。体内の余分な水分や老廃物を排出する作用があり、むくみやセルライトの予防に効果が期待できます。

 

【ジュニパーベリー】
ライトなウッディ調の香り。お酒のジンの香付けにも使用されています。自律神経やホルモンのバランスを調整してくれます。

新陳代謝を高め、体内から余分な水分や老廃物を排出する作用があり、また、肝臓の働きを高める作用もあります。

【ゼラニウム】
バラに似たフローラルの中にハーバルさの混ざった香り。女性に嬉しい精油で、自律神経の調整やホルモンバランスを整えてくれる作用もあります。

 

 

利尿作用により、体内の余分な水分や老廃物を排出する作用があるのでおすすめです。

ぜひ、日常生活に取り入れてみてください。

-aloma, カラダの不調

© 2024 LBRelaxation松戸 Powered by AFFINGER5